« 2009年1月31日 | トップページ | 2009年2月2日 »

2009年2月1日

当たり前のようで当たり前でないもの☆

マサさん、美和ちゃん
ココに遊びに来てくれるみなさん、元気ですか?Pa0_0524

2009年ももう
ひと月終わって、
気がつけば今日から
新しい月が始まって☆

毎日毎日
同じ太陽が昇って
同じ月が照らしてくれるのに、

どうして
年の初めとか
月の始まりには
少し改まった気持ちに
なるのかなぁ~って

何年も前から続いている
暦の不思議さに、
思いを馳せて空を見上げて☆

人間の先祖様達は、はだかに近い状態で、
この気温を耐え抜いたんだよねぇ。

例えマンモスさんの毛皮があったって、さぶかったろうなぁ。

って、マサさん!!

ですよねーーーー☆

普段から色々と本を読むのが趣味なのですが、
最近読んだ本に
スーハリソン作の[アリューシャン黙示録]シリーズがありまして、

確か以前美和ちゃんも愛読していたと
聞いた記憶があるのですが☆

紀元前七千年の氷河時代に
生きた人たちの物語なのですが、
考古学や人類学、地理学を学んだ
作者の書いた物語で、

フィクションだけれどかなり歴史的事実に即してる
らしいんですよねぇ~~♪

それによると、主人公たちは
セイウチさんやらアザラシさんやらの皮をつないで
作ったアノラックを着ていた、ようですよ~~☆

住んでいる場所によると、マンモスさんの皮も
着てたかも、ですけれど
私もその本を読んで一番最初に思ったのは、

[うわぁ~~~寒そう!!]だったんですよねぇ~(笑)

なんだかマサさんとおそろみたいで、うれしいなぁ☆

少しずつ、少しずつ
進化の道を歩んできてくれている先人のみなさんが
いてくれるおかげで、

寒くってもみんながみんな
寒さで死んじゃうほどではないし、
やってくる魚や獲物に頼ることなく
食べ物が手に入る生活が送れてるんですよね☆

そう考えると、
アザラシさんやセイウチさんの毛皮を着ていた頃から
随分と世界は変わっているけれど、

太陽や月はその頃と変わらずに
ずっと世界を照らしてくれているっていうことは

当たり前のようで、
全然当たり前じゃないんだなぁ・・・

つい先日マサさんのブログでも
歴史的建造物を受け継いでいけるといいな、っていう
話がでていましたが、

建物はもちろんのこと
私たちを囲んでくれている自然ももっともっと
大切にしていかないといけないですね☆

ところで、ついに我が家にも
20周年記念ライブのチケットの第一陣(CD先行分)が
到着いたしましたよぉ~~♪♪♪

なんだかまだまだだなぁ~って
思っていたのですが、
こうやって手元にチケットが到着すると、
もうすぐみたいで、めちゃくちゃうれしいですわぁ~~☆

そういえば今回のチケットは普通のだったんですけれど、
ひょっとしてpp先行分は[20周年記念柄]だったり
するのかしらん??

個人的にTLRやDWLのときのpp特別柄が
すんご~~~~~~く嬉しかったんですけれど♪

もしもまだわがままを聞いてもらえるならば
せっかくの20周年ライブですもの、
チケットも特別なものになっちゃうと嬉しいっす☆

どうか検討よろしくお願いしmax!!

うれしい気持ちを分け合える人が近くにいてくれることに
感謝して☆

明日も素敵な一日になりますように☆

☆勝手に 業務連絡☆

マサさん~~~

0321アルバムの曲順って、
今回はすんなり決まったのかしらん??

| | コメント (2)

« 2009年1月31日 | トップページ | 2009年2月2日 »