« 2010年12月1日 | トップページ | 2010年12月31日 »

2010年12月20日

winter fantasia2010@福岡、行ってきました~☆(ネタバレです)

ここに遊びに来てくれるみなさん、元気ですか?

あちこちで雪の便りが届き始めたこの頃。
毎年私たちに冬の訪れを知らせてくれるイベントが
今年もやって参りました♪

winter fantasia2010♪

今回はひさびさにツアー初日には参加できませんでしたが、
ライブが楽しくなり始めた(であろう)3公演目。
1218@福岡に行ってまいりました!

それでは、ライブレポをどうぞです☆

     ☆     ☆     ☆     ☆     ☆

毎年winter fantasiaは「冬フェス」なだけあって、
いろいろと冬の曲をやってくれることが多かったのですが
今回は、アルバム「LOVE CENTRAL」が発売されたばかり、

しかも
来年は4年に一度のDWLが開催されるとあって、
美和ちゃんの
「そんなら今年のウィンファンでラブセンやればいいんじゃね?」
との鶴の一声で曲目がすでに明かされている今回。

ライブが始まる前から
曲目も歌う順番もわかっているのは異例のことなので、
アルバムの曲たちがどんな世界をみせてくれるのか、
とても気になっていたところではありますが

予告通り1~13曲までアルバム曲を
曲順どおりに演奏♪

そして、後のモニターには歌詞を全部出してくれるという
念の入れようで、
どっぷりとラブセンの世界にひたることができました☆

会場に入るとステージが前方に。

フェスだけに、花道とかはなく左右が少し高くなっている
シンプルな構造。

左右に大きな真っ赤なツリーがひときわ映えて
ツリーのてっぺんにはWFのマークが金色にかがやいていました。

バンドの構成は
向かって左側にドラム、右側にホーンズの
ドリポカリとほぼ同じセッティング。

今回のアルバムはファジコンのJUONくんが多く参加しているせいか
中澤信栄さんとJUONくんのツインギターで
ラブセンの曲たちを盛り上げてくれました。
(他のバンドメンバーはドリポカリと同じです)

福岡司会のブッチさんがドリを紹介してくれたあと、
会場がいったん真っ暗に。

会場中に響きわたるのは、
1.LOVE CENTRAL

ライブが始まる前は、
このオープニングのフェイクをどう美和ちゃんが
聴かせてくれるのか、
すごく楽しみにしていたのですけれど、
残念ながらバックで流れるなか、美和ちゃんマサさんが
立ち位置に立つ構成。

とはいえ、
この曲が会場を満たしていくと
あちこちからどよめきと期待の声が響いて、
あ~これから始まるんだ~っていう想いがひしひしとしたりして。

曲終わりで、ぱっと会場が明るくなり
ステージに立つ美和ちゃんを照らすと、そこには

紺色のサテン地の学ラン風に
背中にはスワロフスキーでラブセンのマークが象られたジャケットを
羽織った美和ちゃんと、
同じく紺色のジャケットをはおったマサさんが登場!

なによりも驚いたのは
美和ちゃんの髪が、短くなっていること!

ラブセンジャケットよりはゆるめのパーマ(?)風で
長さはボブよりもすこし長いかな~という程度。
顔周りにはシャギーが入っていて、
動く度に顔に髪がかかって、とってもセクシー♪♪♪

会場が明るくなると同時に、
曲が流れ始めて♪

2.その先へ
イントロが始まると同時に、美和ちゃんは
ぴょんぴょん飛び跳ねて、とっても嬉しそう!

「きゃ~~~~~~~!!!!
みんな、元気だったぁ~~~???福岡~~~!!!」
イントロのラララララ~のところから、
両手を大きく叩いてジャンプ連発(笑)

順調に歌が終わると思いきや、
歌の途中で会場が明るくなったときに
なぜか急に涙声になった美和ちゃん。

曲終わりのMCでは、

「あのさぁ~~~~
なんていうかさ~~~~福岡、最高!!!!!!
なんつうか、この(会場をぐるっと指さして)感じ、最高!!!
あんまり嬉しかったから、涙がでちゃった・・・(と恥ずかしそうに)

(少し間を置いて、気を取り直して)

ほんとさ~~この会場、いいね!
こっから(自分の立ち位置)からそこんとこ(スタンド正面)まで
ほんと近いよね!
ちゃんと見えてるからね!(と大きく手を振る美和ちゃん)」

とマサさんを振り返り、うんうんとうなづくマサさん。

「こんなに近いからね~」とマサさんも嬉しそう♪

「そんでさ、
この間福岡来たような気もするんだけど、
どうなの?みんな、元気なの??(イエーと盛り上がる会場)

あのさ、この間も言ったと思うんだけど、
ていうかひょっとしてこの間こられなかった人もいるかもなんだけど、
今日はラブセン、全曲やります!!

(と言った後、ちょっと周りを見回して)

みんな、聴いてくれたぁ??(またもやイエーと大盛り上がりの会場)

あのさ、そういえばさ、
聴いてくれたひとは分かるかもなんだけど、
かなりやばいよね?(とマサさんを振り返る美和ちゃん)」

「やばいですよね~吉田さん。
かなりわる~~~~い感じになってますよねぇ・・・
特に前半、かなりやばいですよねぇ~」(とかなり悪い顔のマサさん)

「(美和ちゃん苦笑)
(軽くマサさんの頭をはたきながら)
そうだよね~~~~
次の曲はまだ大丈夫だと思うんだけど、その次からが・・・(ニヤリとする美和ちゃん)

AKSとも相談して、これでもかっちゅうくらいの
ダンスもしちゃうんだけど、
もし、もしだよ?会場にお子様とかいらっしゃったりとかしちゃったらば、
こうやって(顔を手で隠して隙間から見るしぐさ)見てね!

あっ!次の曲は多分こんくらい(少し指の幅広め)でいいと思うんだけど、
その次のやつは、こんくらい(指の幅かなりせまめ)で・・・(笑)」

と話しながら、ヘッドセットをつける途中に
会場に向かって、
「あっ!これつけてるけど、”ドリーズブートキャンプ”じゃないからね!」
と会場に説明?して、マサさんに
「来てない人には何のことだかわかんないよ・・・」と
ちっさい声で注意されたりも、ありながら準備完了(笑)

「とにかく、今日も、いきます♪」

と後ろを向き、羽織っていたジャケットを脱ぐ美和ちゃん。

長いジャケットの下はかなりミニ丈のスカート風パンツ。

脱いだ瞬間、背中が広く開いていて、会場からどよめきが。

黒の総レースで
ビスチェみたいにかなり全身がフィットしているデザインに
おおっ!と私もびっくり。

ガーターベルトも透けてる感じがとってもセクシーで
全体的に黒い衣装に
首元に巻かれた細いリボンと、腰回りについてるピンクのファーが
可愛らしさをプラスしているみたいで♪

始まった3曲目からは、もう大人の世界がひろがりまくります♪

(CDの曲間を再現するためか、MCはかなり少なめで過ぎていきます)

3.LIES、LIES
TVで米倉涼子さんが踊っていたダンスをAKSと披露。
同じ振り付けなんだろうけど、美和ちゃんが踊ると
なぜかセクシーさがあふれるから不思議。
曲の途中で音が左右から聴こえる演出もあり、かなりCDを忠実に再現。
ラストはJUONくんのギターと美和ちゃんのフェイクで
会場中が紫なムード一色に・・・

4.ANOTHER JUNK IN MY TRUNK
曲のイントロから、セクシーダンス全開♪♪♪
ステージに座ってAKSとこれでもか!くらいな大人な感じ。
あのダンス、ステージ正面からみたら、
確実に鼻血がでちゃいそう・・・
「つって。」の歌詞のところも生で聴くと、ぞくぞくしちゃいます。

5.POISON CENTRAL
ブラスが効いている曲なので、セクシーななかにも
パンチが効いててリズムに乗れる曲。
♪ノックは4回~のところでは、4回ノックするような手の振りがはいります。

ここで紫な流れ(?)はいったん終了。

「さぁ~みなさん、どうでしたか?
愛の巣窟、楽しんでいただけてますか?」(とマサさん)

「ここからは、うって変ってなんといいましょうか
さわやかな歌、です。
同じ吉田美和から出てきたとは思えない(笑)」

6.FALL IN LOVE AGAIN
7.ねぇ

6から7への曲間はかなり短くて、
6を歌い終わったと思ったら、マサさんがピアノに音を要求。
簡単に美和ちゃんが発声したあと、
すぐに7へ。

ねぇの前半は少し6の曲のテンポの速さを
受け継いでしまったような印象だったのですが、
曲が進むにつれ、そこはしっかりとねぇの世界へ。
歌い終わった後、モニターに大きく映し出されたマサさんの頬には
涙が見えました。

8.せつなくなぃ?
♪つきあわないか?のセリフのところもCDに忠実に
人工的な声になっていて、個人的にはちょっと笑っちゃうポイント。

9.生きてゆくのです♥
再び美和ちゃんはヘッドセットを着用。
ドリポカリの振り付けを(練習なしで)会場中で踊る、踊る♪
曲の途中で、かなり揃っていたらしく
「きゃ~~みんなにも見せたい!!すごいすごい!!」
と美和ちゃんも大よろこび☆

10.GODSPEED
サビのところで簡単な振り付けあり。
指を会場に向かってさす動きがあったり、歌も振りも
かなり激しい感じ。

11.風切っていこう!
CDではかなりマサさんのパートが大きく聞こえて、
個人的にはラブレターや空を読むみたいにちょっとはもる感じなのかな
と思っていたのですが、
あまりそういう感じはなく、美和ちゃんが普通に歌ってました(笑)

6~11の間で「みんなへのクリスマスプレゼント」ということで
デビ爺のソロが1曲はいります♪
マサさんの「My ジェダイマスター」との紹介でデビ爺入場。
マサさんのMCを美和ちゃんがデビ爺に通訳して、
2人でくすくす笑う場面もあったりしてほほえましかったです☆

デビ爺が弾いてる間、
ほんのわずかな時間だけ袖にひっこんだ美和ちゃん。
お着替えかな?と思いきや
腰周りに付いていたピンクのファーがとれて、
かなりセクシーさがまたアップしていました(笑)
ステージに帰ってきてからは、マサさんの後の方でちょこんと
セットの端っこに座って、楽しそうにデビ爺の音楽を楽しんで☆

見ている私も、すごく嬉しくなる瞬間でした♪

デビ爺の曲終わりの方では、バッキボーのYURIさんと一緒に
ちょっとだけコーラス?に参加。
ひさびさにB&Hが聴きたいな~としみじみ。

12.MY DARLIN' DOGGYS♪
ライラララーイのところは、会場で大合唱。

一番最後の♪犬くさい~毛深い~ときどきウザイ~のところは
♪犬くさくな~~~~い 毛深くな~~~~~い めちゃめちゃ大好き~~~
福岡ベイビーーーーーーズ!
って歌ってくれて、会場も大盛り上がり!

歌い終わった後、マサさんから
「そんなこといったって、犬とか動物とかと暮らしてる人は
くさいかもしれない」とクレーム(?)がはいりましたが、
美和ちゃんから
「まさたん。そういう細かいことは、こういうときは関係ないの。
そういう夢のないこと、言わないの。」
と頭をペチペチ叩かれながら怒られちゃったマサさん。
なんだかしょんぼりして、すごくおもしろかったです(笑)

13.THE ONE
歌に入る前に美和ちゃんから
「この曲は、ほんとにみんなひとりひとりのことを想って作ったんだ。
だから、ひとりひとりに届くように、歌います。」と紹介。

個人的にフェイクの部分が好きな歌なのですが、
やはり生で聴くともう格別。
背中がぞくぞくっとして、ぶわ~っと涙がでちゃいました。
周りにも涙を拭いている人が続出。
歌が会場中に満ちて、いつまでも余韻が残りました。

13曲めまで終わったら、いったんドリとバンドの皆さんは退場。

アンコールで登場した美和ちゃんとマサさん。

美和ちゃんは
ベージュ色のファー付きパーカーにグレーっぽいふわふわしたスカート♪
パーカーの紐の先についたポンポンがまたキュート!

「みんな、ありがと!
でもさ、もうラブセンやっちゃったから、もう歌うのなくない??」
(え~~っ!)という会場に
「どうしよっか・・・もう一回最初からやる?(ニヤリ)」

盛り上がる会場とかなり焦った顔のマサさん
「さすがに、最初からは・・・」とマジ焦り。

「そうだ、こういうときのいい曲があるじゃないですか!
まるで大晦日のサブちゃんの祭りみたいなあの曲!
大晦日と言えば、祭り。ウィンターファンタジアといえば、あの曲!」
とマサさん。

「そっか!じゃあ、あれやろう!」
と意外にすんなりご了解の美和ちゃん(笑)

というわけで、
14.WINTER SONG~Dancing snowflakes Ver.~
この曲は1番をwiner song 2番を雪のクリスマスで歌うスペシャル♪
そしていつものところでは、
いつものように紙テープ発射♪♪♪
わかっちゃいるけど、やっぱり盛り上がります!

14の後、バンドメンバーの紹介があり、バンドの皆さんは退場。

「あのね。
なんていうか、まだみんなに歌いたいんだ。
そんでさ、ウィンファンっつうと最後アカペラで歌うのが恒例・・・
って言うほどじゃないけどさ、まだ2,3回しかやってないんだけどさ、
なんかそんな感じじゃん?
そんで、みんなに何を届けたいかな~って思って
いろいろと考えてみたんだけど、やっぱりみんなには
たくさん愛を届けたいな、と思って。
そんでさ、いつもより少し長くなっちゃうんだけど・・・

みんなのために、歌うね。」

15.愛の讃歌
日本語でひとことひとこと、届けるように歌ってくれた美和ちゃん。

言葉のひとこと、ひとことが会場の隅々まで満ち溢れて
さっきまでいろんな気持ちが溢れていた会場が
ひとつになったような瞬間でした。

歌い終わった美和ちゃんはとても清々しい顔をしていて、
隣で涙を流しているマサさんの分も
しっかりと笑顔を届けてくれました。

いつもの、「そしてあっしが~」のところ、
あっしが、でもなくあたしが、でもなく「そして、私が」と
一言一言区切るように「私」、と言った美和ちゃん。

なんだか、
アカペラの余韻と一緒に、
美和ちゃんの「歌っていく覚悟」を受け取ったようで、しみじみ。

去っていくときにちっちゃい声で
「今年が終わるまでに、2回くらいテレビにでるから見ててね・・・」
と言ってたのはいつもの美和ちゃんに見えましたが(笑)

ラブセンのディープな愛から、
深い深い愛までをしっかり短い時間に受けとった今回のライブ。

この愛たちが時間を経て
どんな風に表情を変えていくのかも、楽しみにしながら
愛の巣窟に浸りたいと思います♪

読んでくれたあなたにも、
いろんな愛が降り注ぎますように☆

| | コメント (12)

« 2010年12月1日 | トップページ | 2010年12月31日 »