« 2011年1月1日 | トップページ | 2011年8月8日 »

2011年7月28日

DWL2011@札幌、行ってきましたぁ〜♪♪♪(ネタばれです☆)

ここに遊びにきてくれるみなさん、元気ですか?

Img_0586_2

突き抜けるような青空のもと、行ってまいりました!
DWL初日@札幌〜〜〜♪♪♪

ひさびさにブログを書くので、まったく勝手が分かりません(笑)

ですが、よかったらば見てみてくださいな〜〜♪

        ☆       ☆      ☆       ☆       ☆

前日から、北海道に乗り込んで準備は万端!
開演が15時からなのに関わらず、なんとグッズ販売開始が9時!!!
そうはいっても、そんな9時から来る人も少ないよねぇ〜〜なんて思いながら、
9時過ぎに会場に到着したらば、なんとそこには100人くらいの列が!!

しかもものっすごい暑い!!(笑)完全になめておりました、北海道・・・

1時間半ほど並んで、ようやくグッズをゲット♪
札幌では、ドリームキューブとCD類を販売するブースは少し離れたところにあって、
そちらは比較的すいていたので、まずはグッズの列に並んでからドリームキューブに行くのがいいかも♪

グッズを買った後は、地域力宣言ブースへ!

飲み物や軽食やらがあって、おなかを満たすのにはばっちり☆
(ライブ終了後、ひとりに一本冷たいポカリが配られるのでポカリ以外のご購入をお勧めします笑。)

開演2時間前から、会場♪
今回、私はいったん札幌市内に戻ったので、入場するのがほんとにぎりぎりに
なってしまいましたが、もうすんごい人人人・・・
DWLの雰囲気を味わうためにも、少し早めの入場をお勧めします(笑)

走り込むようにようやく会場へ♪
会場に一足踏み込んで、びっくり!!


バックネット側におおきなステージが♪
大きなモニター5つが配置されていて、その周りには愛の炎をイメージしたデザイン☆

ステージの両側からはぐるっと円形に花道がのびていて、
2007年のDWLで美和ちゃんが走り回ったイメージが、ぶわっと頭によみがえったりして☆
後ろ側にもサブステージがあって、スタンド後方も十分楽しめそうな感じ♪
ステージから真ん中には花道もあって、その先にもサブステージが!
(アリーナBブロックあたりが花道先端になりそうです☆)

とにかく、どこにいても美和ちゃんが(あ、マサさんも)
近くに来てくれそうな期待が高まりまくります♪♪♪

1曲めはあれかな〜、これかな〜〜といろいろと妄想している間に
あっという間に時間は過ぎ。。。

開演時間を15分ほど過ぎた頃、照明が落ちてDWLのテーマ曲が!!!!

♪ダンダカダカダンダーーーン

テーマ曲を聴いただけで、テンションが高まりまくり♪♪♪

どこから美和ちゃんが出てくるんだろう??って
あちこちをきょろきょろしていると、愛の炎をまとったダンサーのみなさんが
あちこちから登場!!
DWLのテーマに合わせて、会場中を炎が取り囲んでいきます。

やがて、その炎が花道先端のステージに集まると・・・

じゃーーーーん!!!
曲の終わりのドラとともに、炎の後ろから美和ちゃん登場!!!!!

あれ?美和ちゃん、もう泣いてる!!

涙でぐしょぐしょの顔を笑顔一杯にして、

”ドリームズ カム トゥルー イン ワンダーランドぉーーーーーーー!!!!!
2011ぃーーーーーーーーーっ!!!!!!”

叫びまくる美和ちゃん!

当然会場も歓喜の声に包まれまくります☆
あちこちで、ぴょんぴょんはねるベイビーズ!それを見て、また涙が流れちゃう美和ちゃん。

歓声がおさまる間もなく、流れてきたのは、
「何度でも」!!!

いきなりこの曲っ!!と驚く暇もなく、
花道先端にいた美和ちゃんがふわりと宙へ!!!!

ええーーーーーーー???

まるでピーターパンのウィンディーのように軽やかに宙に浮かんだ美和ちゃん。
薄いピンク色の衣装の裾が、ふわ〜〜〜っとしてまるで夢の中にいるみたい!

センターステージに戻った美和ちゃん。

突き上げたこぶしは、なんだかいつもよりも力強く思えたりして。

ここからは、まるで今回のDWLを象徴するように怒濤の曲が続きます。

1  the theme of wonderland
2 何度でも
3 その先へ

何度でもーその先へ、実は1曲めにどっちかくるんじゃないかと予想していた曲。
それだけでもテンションあがりまくるのに、
2曲続けちゃうあたりが、美和ちゃんらしい!(笑)

ようやくここでMC。

またもや涙が流れてきた美和ちゃん。
みんなの拍手に後ろを押されるように、しばらくしてようやく

”みんなーーーーーー!!!!元気だったぁ???
あのさ、はじまっちゃったね!!!!”

いえーーーーーいっ!!って会場の声。

”なんかさー、もう、みんなに会えたらさ、もうすんごいうれしくなっちゃってさー
だってさー、ワンダーランドだよ??”

って、会場のあちこちをみて、うれしくてたまらなそう(笑)

”あのさ、今回のワンダーランドは、なんていったらいいのかわかんないんだけど、
いろいろみんなが今大変だったりもするじゃない?けどさ、
ほんのちょっとでもいいからさ、あー今日楽しかったなーってみんなに思ってもらいたいっちゅうか、
一瞬だけでもうれしいことや楽しいことだけをおもってもらいたいっちゅうかさ、
なんかよくわかんないんだけど、そんな風に、思ってもらえるように、
がんばります!笑”

美和ちゃんなりの今回の決意表明?に、なんだか胸がじーんとなって。

振り返って、マサさんに
”ねー、まささん?え?そろそろしゃべりたいの??”って。

センターに出てきたマサさん。

”みんな、元気ですかーーーー??”(会場、いえーーーいっ!)
”ボーイズーー!!!”(会場中のボーイズがいえーいっ!)
”ガールズーーー!!”(同じくガールズがいえーいっ!)
”もう一回、ボーイズーーーーーー!!!!”(さっきよりも大きな声でボーイズがいえーいっ!!)

大歓声のボーイズたちに満足したらしく、微笑みながら美和ちゃんの方を振り返るマサさん笑。

前に出てきた美和ちゃんが、
”もういいの?笑
あ、そういえばさ、今回のワンダーランドが初めてって言う人も中にはいると思うんだけど・・・”
(ここであちらこちらから挙手)
”あーこんなにいるんだねぇ〜みんな、ようこそ、ようこそ〜〜笑”
”したらさ、北海道外から来てくれた人ーー??”(会場の三分の一くらいから挙手)
”へぇ〜〜〜〜!!ようこそ、北海道へ!!”とお辞儀する美和ちゃん。

”したらさ、北海道内から来てくれた人ーーー??”(残りのみなさんが挙手)
”へぇ〜〜〜!!北海道っつっても広いもんねーみんなもようこそ〜〜笑
あ、したらさ、宗谷のほうから来てくれたりとかしてくれてる人もいるんだべか?”
(ステージ右手から歓声とともに挙手)
声がした方へ近づいていく美和ちゃん。

”あ!!!!遠くからようこそ!したら、あれだべか?バスで来たんかい?え?ちがう?
したら、船かい?え?ちがう??汽車かい?へぇ〜〜〜〜!!あのさ、あの道さもう通ったんかい?
あーーーーまだなのかい笑。大変だったねぇ〜〜”

って、しばらく北海道内の交通事情についてひとしきり会話。笑。
そのあと、ステージに向き合って、

”そんな遠くからも、近くからも、初めての人も初めてじゃない人も、今日は
私のワンダーベイビーズっつうことで、みんなもう、きゅ〜〜〜〜〜っっっていうほど
楽しませちゃうからね!”

”そいじゃあ、みんな今日はあっしが
しあわせにしちゃうからねーーー!!!”

ということで、また曲がスタート♪

ここのところ、しあわせになって帰ってね、とかたのしんでかえってね、とか
ライブの前に言ってくれてた美和ちゃん。
なんだか久しぶりに、”しあわせにしちゃう”っていってくれて、じーーん。
それはいろんな想いを経て、こういうときこそ、私がしあわせにするんだ、って
美和ちゃんの決意の表れのような気がして。


4 生きてゆくのです♡

この曲では地元のブラバンの方々がぶわーっとご出演☆
途中で美和ちゃんもトランペットを吹きます♪
ちょっぴり途中歌詞を間違えちゃったりもした美和ちゃん。
ものすごいくやしそうな顔がちらりと見えました。笑。

曲が終わって、ブラバンのみなさんが退場する前にマサさんから、
”本日出演してくれた北海高校が、なんと甲子園に出場することが、決定しました!!!”
と、ビッグニュース!!
それを聞いたブラバンのみなさん、最初はきょとんとしていたけれど
話の内容が頭に入ると、みんなでぴょんぴょんはねて大歓声♪
それを見ていた美和ちゃんも、
”えっ??今決まったの?????ほんとに?????
すごーーーーーーーーーーいっ!!こんなこと、あるんだねぇーーー!!!”
って、一緒に飛び跳ねてめちゃくちゃうれしそうで♪
見ていた私たちも、なんだかうれしくなったりして☆


5 Carnaval〜すべての戦う人たちへ〜
6 大阪LOVER (替え歌なし)
7 Eyes to me
8 晴れたらいいね

4〜6では踊りっぱなしの美和ちゃん。ほぼセンターステージで。
7、8では中央の花道を行ったり来たり。

8の終了後、
”みんな、だいじょうぶー??なんつったって、今日はワンダーランドだから、
まだまだ行くからねーーー!!”っていう美和ちゃんの言葉に、
いやでも期待が高まって♪
ここからは白いシャツ風の衣装にチェンジ♪

9 FALL IN LOVE AGAIN
10 時間旅行
11 どうぞよろしく
12 眼鏡越しの空
13 ねぇ

少し静かな曲が続くのですが、残念ながらメドレーみたくフルでは聴けず。
10の時間旅行のところでは、
♪もうじきやってくる 2012年を またみんなと嬉しい気持ちで 過ごせるように
こんなにこの曲を 長い間 愛してくれて ありがとう〜
って最後歌ってくれて。

14 Ring! Ring! Ring!

ヘッドセットをつけて現れた美和ちゃん。
ステージ向かって左側から外周を自転車に乗って進む進む♪
なんだか前半、すごくゆっくり進んでるなぁ〜と思ったら、
どうやらヘッドセットがずれて、なかなかなおしながら進めなかったみたいで。笑。
外周後ろのサブステージにAKSのkeitaくんが待っていて、
2番からは美和ちゃんは後ろに乗って、二人乗り☆ここからは、ぐんぐん進む進む!笑。
私は二人乗りゾーンが近かったので、あんまり早く通り過ぎてちょっぴり残念でした。

15 TORIDGE & LISBAH
16 サンキュ.

ステージ向かって左側にできた外周より外側にできる小さいステージに
マサさん、のぶたん、JUONくんが乗って歌います♪
美和ちゃんはセンターステージから16の途中からアリーナを縦横無尽に飛び回る!!
こんなよしだみちゃん、みたことない!!ってかなり驚きました。笑。
曲終わりにあわせて、いったんマサさんのところへ着地☆

歌い終わった後、美和ちゃんは再びふわっと宙にうかんで
まるでスパイダーマンのように左から右へひとっとび!!!
向かって右側にできたステージにはいつのまにかAKSの3人が待っていて。

17 POISON CENTRAL
18 TO THE BEAT, NOT TO THE BEAT

この2曲はラブセン風味で、もう大人の世界!
照明も紫に変わって、すべての愛のダークサイドを引き受けているみたいで。
(個人的に18はリクエスト5曲の中に入っていたので、めちゃめちゃうれしかったです♪)

19 a little waltz
20 銀河への船

20のアウトロでweather forcastが織り込まれたのには感激♪

またもやスパイダーマン美和ちゃんが、右から左へ!笑。
この2曲を歌いながら、4人そろってセンターステージへ移動。

21 空を読む
22 朝がまたくる

21ではマサさんと2人並んで、ハーモニーを披露♪
22の終わりで、美和ちゃんはいったん退場。どこへいったのかなーと思いきや・・・

23 The signs of LOVE

バックステージから現れた美和ちゃん♪
紫の裾の長いドレスにお着替え♡個人的に、美和ちゃんはやっぱり紫が似合うなぁ〜とほれぼれ♪
スタンドの方を向いて、ゆっくりと一曲しっかりと歌い上げて。
歌っている間に、座っている椅子?がどんどん上昇。
スタンド上段近くまであがったときには、ドレスの裾がふわふわと漂ってなんとも幻想的でした☆

ここでいったん照明が落ち、会場にはまた炎をまとったAKSが。

24 FUNKA-MONSTER

正直、DWLでこの曲が聴けるとは思ってもいなかったので、
びっくり!!笑。

25 THE ONE
26 LIES,LIES

ここからは黒ドリダンサーズのみなさんが登場!
remix版の25、26をからめて大人数で圧巻のダンスステージ♪
(個人的には25は1曲しっかりと聴きたかった気もしましたが・・・笑)
美和ちゃんはめずらしく全身タイトなジャンプスーツみたいな衣装に電飾付き!!
ある意味衝撃的です笑。

27 この恋はハードボイルド
28 太陽が見てる

ここからまたお着替え♪ふんわりとしたフードがついたチュニック風の上着にショートパンツ♪
上着は裾に向かってピンクからグリーンに色が微妙に変わっていく感じが素敵☆

27のアウトロではマイケルジャクソンのbeat itが織り交ぜられて、
美和ちゃんがぽぅっ!っていったりして特別感満載♪ 

29 JET!!!

ここで花道先のステージに移動するのですが、
どうやら美和ちゃんは途中で帽子をかぶってないことにはっと気づいたらしく、
歌が最後近くになってから、はっ!とした顔であわててフードの中から帽子をとりだして
かぶっていました。笑。

30 決戦は金曜日
31 make me your own
32 It's so delicious

30の曲の間に31が織り込まれる特別編成。
個人的には31はすごい好きでリクエストにも入っているくらいなんですが、
やっぱり30の盛り上がるところでいったん31に行って、また30に戻るのはもったいないなぁ〜
と思ったりもして。

33 うれしい!たのしい!大好き!

この曲の間中、美和ちゃんはフライングしっぱなし!笑。
フライングしながら回転やらターンやらしまくり、歌いまくり!
まるでひとりサーカスみたいで、あちこち飛び回る美和ちゃんを目で追いかけるのが精一杯!笑。

34 TRUE,BABY TRUE

この曲で本編は終わり。
正直、ラストに持ってくるのにはちょっとだけ弱かったかなぁ〜と
客席の盛り上がり具合をみて思ったり。

思いがけないほどあっさりと、本編終了。笑。

いったんステージから去った美和ちゃんたち。
会場ではウエーブ祭りが絶賛開催されました☆

ほどなく美和ちゃんマサさん、バンドメンバーのみなみなさんが登場!

(アンコールのときの衣装がどうしても思い浮かばないので、また思い出したら書きます。涙)

”今日はほんとにほんとに、ありがとーーー!!
なんだか、はじまっちゃったよ、ワンダーランド!!!
でもさ、ここで、北海道で始められて、ほんとによかった!
みんなの気持ちもちゃんと受け止めて、この夏突っ走っていくからね!!!
なんかね、すごいうれしいの!ほんとにすごいうれしいの!!
いくら言ってもいい足りないくらいうれしいんだけど、きりがないから、歌うね!”

ということで歌へ。

35 LOVE LOVE LOVE

少しアコースティック風味のバンドと一緒に、しっかりと最後まで一曲。

36 あの夏の花火
37 またね

36はDWL定番♪
やっときたなーと思いながら、歌を聴いていると1番が終わったところで、終了???
あれ?花火は??とやや拍子抜けしていると、37のイントロが。
ええーーーー今年は花火なしかな?とかなりながっくり感を味わっていると、
それを見透かしたように美和ちゃんから、

”今年も、一緒に、花火、見るよーーーーー!!!”って♪

ドーム用の小さめな花火ではありましたが、しっかりと花火をみんなで見ることができました☆
(またね、のイントロを聴きながらの花火はなんか不思議でもあったりなかったり・・・笑)

37を歌いながら、マサさんと美和ちゃんは外周を1周。

♪でもさみしいとか おいてかないでとか なきごともいえないくらい

のところ、20thライブの時も涙がこらえきれなかった美和ちゃん。
今回も、急にこみ上げてきたみたいで、それまで笑顔だったのに
顔をくしゃくしゃにして、泣いていました。

センターステージにもどって、みんなで一列になって、バンドメンバー紹介。
いつも美和ちゃんが名前を言ってマサさんが担当を付け加えるんですが、
このときはなぜかマサさんは黙ったまま。
マサさんも相当おだっていたのかしら??笑。

美和ちゃんから
”そして、ベースは なかむら まさとっ!”のご紹介。
いつものように、マサさんは会場の右側、左側、真ん中と深々とお辞儀。
最後のマサさんのお辞儀を見るたびに、あー終わっちゃうんだなぁ〜と
いつも実感がわいたりして。

最後は、お決まり♪

”あー、これもこのワンダーランドで最初だね〜
ほんとにはじまっちゃったんだ!どうしよう〜〜〜〜〜笑”
としばらくじたばたした美和ちゃん。笑。

一瞬だけマサさんと目を合わせて、深呼吸。
ステージ正面をきっちりと向いた後、

”そして、あっしが・・・・   せーのっ!!!”

よしだみわーーーーー!!!!の大歓声に、深々とお辞儀をした美和ちゃん。
あげた顔にはいくつもの涙の筋が。
でも、最後は、涙よりも顔いっぱいの笑顔でステージを去っていきました。

ステージから消えていく直前に、マサさんが
うおーーーーーーーーーーっ!!って叫んで、会場は大拍手。
夏が始まったんだなーって、なんだかしみじみと背中を見送りました☆

      ☆      ☆      ☆      ☆      ☆

なんだか覚えているままにつらつらと書いた今回のライブレポ。
正直、しばらく書いていなかったので普段と違うところもあるかもですが。笑。

特に、ライブ翌日から池田にいってあれこれと過去のライブ衣装を見たためか、
衣装が思い出せない!笑。
マサさんの衣装に至っては、かわいらしい短パン姿しか笑。

ここはこうだったんじゃない?とかこんなことがあったよ!っていうことがあったら
どしどしコメントくださいね!

前回、ワンダーランドが札幌から始まって、
そして本当に本当に大変だった4年前。
今回も同じように札幌からワンダーランドが始まるのを知ったとき、
正直、だいじょうぶなんだろうか、って思ったりもしたけれど
そんなこと、全く感じさせないでいてくれた美和ちゃんを、

そしてそれをずっと支えてくれたであろうマサさんを、

大大大尊敬します。

これから、このワンダーランドがどんな風に成長していくのか、めちゃめちゃ楽しみに♪

これを読んでくれたあなたにも、どこかで会えますように☆


| | コメント (23)

« 2011年1月1日 | トップページ | 2011年8月8日 »