« 2011年7月28日 | トップページ | 2011年8月14日 »

2011年8月8日

DWL2011@福岡、行ってきましたぁ〜♪♪♪(ネタばれです☆)

ここに遊びにきてくれるみなさん、元気ですか?Img_0637

まだ涼しかった北海道から幕を開けた
Dreams Come True in Wonderland 2011♪

いよいよ2カ所め、福岡に行ってまいりました!
今回はいろいろなご縁のおかげで、2days参戦することができました。


それでは早速、レポしてみたいと思います☆

     ☆     ☆     ☆     ☆     ☆     ☆

2日とも、待ち合わせの都合上開場時間を少し過ぎたくらいに
福岡ドームに到着したのですが、
グッズに並んだお友達から、
”欲しかったグッズが売り切れちゃってる!”との声が。

(特にwmmwコラボストールとkeita maruyamaデザインの
wingTシャツとM&MTシャツは売り切れるのが早かったみたいなので
狙っている方は早めの来場をおすすめします)

札幌のときは、割とグッズ売り場周辺にイベントが固まっていたので
探さなくてもパネルやら地域力宣言の屋台を見ることができたのですが、
福岡ドームは円周上にドリームキューブやら屋台やらが点在していて、
写真パネルに至っては、
階段の下の方にありました。(写真は札幌のときのパネルです)

Img_0588

会場によって配置などが全く違い、
写真パネルに至っては開演2時間前にも関わらず長蛇の列!
早めにいって時間に余裕を持って楽しむ方がいいのかもなぁ〜と
思ったりもして☆

あまりの外の暑さに、開場の周りをぐるっと1周してからすかさず入場!
(短い時間ではありましたが、屋外でNewドリくまちゃんにも遭遇!
 ひとだかりができていて、がんばれ!中の人!と心の中で励ましました。笑。)

あーでもない、こーでもないとおしゃべりしていると
あっという間にライブ開始の時間!

いつのまにかあたりはスモークが立ちこめて、なんとも幻想的な雰囲気に・・・

そして、一気に会場が暗くなって、ライブの始まりです。

1.A Theme of Wonderland

愛の炎をまとったAKSとAKS Jr.のみなさんが会場をぐるりととりかこむ
花道のあちこちから登場。
音楽の高鳴りに合わせて、どんどんステージ中央に集まってきます。
ブラスが高く鳴り響いて、曲が終わった瞬間
ステージ中央の炎がぱっと分かれて、真ん中から美和ちゃんマサさんの姿が!

薄いピンク色のジャケットとパンツをはいた美和ちゃん。

登場の瞬間から大粒の涙が。

会場中を埋め尽くす大歓声に、歌いだそうにもなかなか歌いだせずに
なんどもなんども深呼吸。

♪なんどでも なんどでも なんどでも なんどでも よぶよ
わたしの 九州ワンダーベイビーズの声が 届くまで

美和ちゃんが歌いだした瞬間、一瞬静まりかえった会場。
何度でも、の言葉にあちこちから歓声が。

ワンフレーズ歌い終わった瞬間、宙へ浮かんだ美和ちゃん。
花道先端までふうわりと浮かんで。

”Dreams Come True in Wonderland 2011 きゅうしゅう〜〜〜〜!!!!!”

登場からのサプライズに会場中が割れんばかりの大歓声!!!
そのまま曲へ突入!

2.何度でも

2曲めが終わると同時にステージ中央に戻った美和ちゃん。
すぐに次の曲へ。
上着のジャケットを脱いでフリル付きのシャツで♪(背中が開いてるセクシーなシャツでした)

3.朝がまたくる
4.その先へ

初日では2.の後にすぐ4.だったんですが、まさかの曲順変更!
確かに何度でも→その先へ、と続くよりもいったん朝がまたくるでゆっくりと
曲を聴くことができる方がいいのかもしれないな〜と思う反面、
何度でも→その先へ、はものすごく美和ちゃんらしさを感じた曲順だったので
ちょっぴり残念な気もしたりして。

曲が終わって、MC。

”みんな、元気だった???こんにちは!Dreams Come Trueです!”

深く深くお辞儀をするマサさん美和ちゃん。
(個人的に毎回ライブに行くたびに、このシーンで胸が熱くなります)

”あのさ〜、いよいよ来たよ!ワンダーランド!(ちょっと照れた顔で)
なんていうかさ、みんな今いろいろと毎日が大変だったりもするじゃない?
けどさ、今日はそんなことはちょっとだけおいといて、
楽しんで帰ってもらえたらいいな〜っつうか、楽しんでもらえるように、がんばります!笑

そういえばさ、今日はあちこちから来てくれてると思うんだけど、
みんなあっしの九州ワンダーベイビーズってことで、いいかなぁ?(イエーイっていう会場の声)

(うんうんとうなずきながら)
そんでさ、今日がワンダーランドはじめてっていう人もいると思うんだけどさ、
(と会場を見渡して、手を挙げてくれてる人たちをみながらうなずく美和ちゃん)
いっとくけど、今日は・・・長いよ??笑。(盛り上がる会場)

なんつったって、ワンダーランドだからね!”

とマサさんを振り返り。
”ね、マサさん?なに?なんかしゃべりたいの?”とマサさんとMC交代。笑。

”どうもーーー!!ドリカムの男の方、中村です!みなさん、元気ですかぁー?(イエーイと会場)
あ、ちょっと待ってください!(とポカリをとりだしゴクゴク)
みなさん、ちゃんと水分補給をしっかりとしてくださいね!”笑。

とすでに一仕事を終えたような顔をして、美和ちゃんを見るマサさん。笑。
そんなマサさんを見て、あれ?っていう顔を一瞬した美和ちゃん。

”なに?マサさん、今日はあれ聞いとかなくていいの?ほら・・・”と前ふり 笑。
はっとした顔のマサさん。
”今日は、どれくらい僕のボーイズたちが来てるのか、聞いてもいいかな?
九州ワンダーボーイズ???”(ちらほらとおおーーっ!の声)
あれ?っていう顔をしたマサさん、再び。
”もっといるはずなんだけどな・・・九州ワンダーボーイズぅ???”
(おおーっ!!の声さっきよりちょっとだけ大きめ 笑)
(その瞬間、ステージ上のビジョンに客席が映り、明らかにボーイズよりは
少しご年配の方が張り切って手を挙げている姿が映り、私の周りは大爆笑!)

ちょっとだけ首を傾げているマサさんに、
”マサさん、ちょっと代わって?”と美和ちゃんがおねだり。笑。

”んじゃ、私の九州ワンダーガールズっ!”(会場中から大きな歓声)
満足そうな顔をしてマサさんの方を見る美和ちゃん。
”でもさ、ちょっとだけ声が少なくなかった?”とマサさん。
それを聞いた美和ちゃんが、
”そうだ!えっと、”どっちでもない人っ?”(笑)
会場前列からイエーイの声があがり、その方に向かってめっちゃ嬉しそうな顔で
グッサインを送る美和ちゃん。笑。

”んまぁ、とにかく、ボーイズもガールズも、どっちでもない人も(ニヤリ)
今日はみんなが楽しい時間を過ごして帰ってもらえたらと思いますっ。
そんでさ、今日のステージを見てもらったら分かるように、もうあっちにも、こっちにも
行くけれども、時には想いもかけないところから、みんなに食い込んでいきたいと思いますっ!
いいかいっ??(イエーイっ!と会場)

そんで、今日も、あっしが・・・
しっかりとしあわせにしたげるからね!!”

ということで曲へ。

曲前に、ベース準備のためにジャケットを脱いだマサさんがビジョンに映って
あまりにキラキラと光る衣装に会場がなぜか笑いにつつまれる一幕も。笑。
”みんな、吉田が衣装を変えたらうわーっとかいうのに、俺のときはなぜか笑いに
なるんだもんな・・・”とぼそっとつぶやくマサさんにまた笑いが起きたりもして☆

(2日めのMCはかなり短めで、美和ちゃんがひとしきり話した後
マサさんにあれやらないの?と前ふりをしたけれど、マサさんが
”あれは毎日やるとは限らないんだぞっ!”とぼそっと言って
マサさんの出番はほとんどなく最初のMCが終了しました)

ここでお揃いのジャケット(美和ちゃんはポンチョ風)を着用。
2日めのときにマサさんから、
”そういえば、初めて話すんですけど、この服の柄は
今までの僕らのジャケット写真が使われているんですよ!”と衣装のご紹介。
緑や赤や黄色がふんだんに使われたこのお衣装。
そんな仕掛けになっていたとは、さすがKeita Maruyamaです♪

5.大阪LOVER(替え歌なし)
6.Eyes to Me
7.晴れたらいいね

ここも大きく曲の順番が入れ替わり、メドレーながらも
前のステージをいっぱいにつかって右へ左へと大移動♪

このあと、マサさんからブラスバンドのご紹介。

”みなさん、楽しんでますか??
じつは僕たち去年の紅白歌合戦でとある曲をやらせていただいて、
そのときブラスバンドのみなさんと共演させていただいたんですが、
あの後全国のブラスバンドのみなさんから自分たちもやりたい!っていう声をいただきまして、
それで今回ブラスバンドへの愛も引き受けちゃおう!っていうことで共演させていただく
こととなりました。
今日のブラスバンドは、”九州永遠会 ブラスバンド”のみなさん!
なんと総勢60名!”
(通常のバンドの後ろの台にブラスバンドの皆さんがぞくぞく登場。
登場のときは行進曲が流れて、会場全体も手拍子♪)

”みなさん、準備はいいですか?まだ何の曲をやるのかは、分かりませんけど・・・笑”
と美和ちゃんを見るマサさん。うん、とうなづく美和ちゃん。

9.生きてゆくのです♡
10.Carnaval〜すべての戦う人たちへ〜

大ブラスバンドの演奏で大盛り上がり♪
美和ちゃんのトランペットも入りました。

2曲演奏が終わるとブラスバンドのみなさんが退場。
退場時も行進曲と手拍子で、会場全体でお見送り♪
(初日ではブラスバンドの紹介や曲の紹介があまりはさまれなかったので
見ていて分かりにくかったりもしましたが、福岡では前後の紹介に加えて入場や退場時にも
会場全体で手拍子できるように行進曲をバックバンドのみなさんが演奏してくれたので
みんなで一体となって盛り上がったような気がしました。)

ここで美和ちゃんはふわふわとした黄色い羽織ものを。
(sunshineのPVででていた通称”ひよこ”のような感じのかわいらしさ♪)

11.fall in love again
12.時間旅行
13.眼鏡越しの空
14.ねぇ

ここではしっとりとした歌が続きます。
12は初日に♪こんなにも長い間この曲を愛してくれてありがとう、と美和ちゃんが
歌ってくれたのですが、残念ながらすぐに13へ。

12のあとに初日では「どうぞ よろしく」が入っていたのですが、1曲カット。
個人的に好きな曲だったのでちょっと残念。

13のアウトロが長くなって、いつものようにしっかりとyou~youと
私たちのところへ届くように歌ってくれて。
13→14もすこし間をおくような感じで、14が会場中に響き渡りました。

14のあと、saxの本間さんやのぶたん、ゆりさんがねぇをモチーフにパフォーマンス。
reprise的な雰囲気。

15.Ring! Ring! Ring!

ここからシルバーとゴールドのボーダー柄のトップスに黒いフリルのミニ丈スカートにチェンジ♪

自転車に乗って美和ちゃんが外周を半周。
途中からINO-Dの後ろに乗って、半周しながら歌ってくれました。
(今日の運転手は、INO-Dってマサさんが曲終わりに紹介していたので、
ライブごとに運転手が変わるのかもしれません)

ステージ向かって左側にできたサイドステージで自転車を降りた美和ちゃん。
そこにはAKSの2人がお待ちかね♪

16.TOLIDGE & LISBAH

曲を歌っている間にもどんどんステージが上昇。
反対側にも同じようにステージができ、その上にはマサさん、のぶたん、JUONくんの姿が。
向かって左側のステージには赤い色、右側のステージには緑色がついていて。

(スタンドの方に向かって)
”こっちのみんなも、元気だったーーー???
あのさ、ここさ、いちおう赤い色がついてるでしょ?レッドキューブっていうんだよね。
そんでさ、あっち(と指差して)あっちがさ、グリーンキューブっていうの。”
(ここでグリーンキューブからマサさんが)
”おーい!よしださん!そんな悪そうな人たちのところになんかいないで、こっちに来なよ!”
”えーー、どうしよっかなー??”(と美和ちゃん)
”こっちのみんなも、吉田さんに来てほしいよねぇ?”(とマサさん)(イエーーーイ!と周囲の人)
”ほんとぉ??んじゃ、こっちにいると悪くなっちゃうから、そっちに行こうかな♪”

ここでいったんレッドキューブの周りが暗くなって。

ぱっと明るくなった瞬間、左から右へ美和ちゃんがフライング!

17.サンキュ.

曲が終わると、マサさんが
”やっぱりよしださんはこっちのさわやかな愛の方が似合うなぁ〜〜〜〜”と小芝居。笑。
言い終わらないうちに会場が暗くなり、わっるぅ〜〜い歌のイントロが。

再び右から左へフライング!
バニーガール風の耳とレースの仮面を付けた美和ちゃんがとってもセクシー♪

18.POISON CENTRAL
19.TO THE BEAT, NOT TO THE BEAT

曲が終わると、マサさんが
”よしださーーーん!よしださんはきっとさわやかな愛の方が似合うよ=
またこっちに帰ってきてよう〜〜〜!!ね、みんなぁ??”(スタンド方面を振り返って)
”みんなでよしださんを呼ぼう、せーのっ!美和ちゃーーーーんっ!”(かなり小芝居風味 笑)

20.a little waltz 〜 weather forecast

またまたフライングしてグリーンキューブに帰ってきた美和ちゃん。
のぶたん、マサさん、JUONくんと素敵なハーモニーを聞かせてくれます。
最後は歩きながら、ステージへ♪

21.銀河への船
22.空を読む

会場全体が暗めの演出であちこちで光るサイリウムがとってもきれい。

23.The signs of LOVE

22のアウトロで大谷さんのピアノをメインにstrings♪
その間に、会場後方に大きなキューブが出現!
真っ暗な会場に、キューブが開いて光があふれだして。
キューブの上には紫色のドレスをまとった美和ちゃんが。

歌うにつれて、どんどん上昇するキューブ。
ドレスの裾がひらひらと舞って本当にきれいでした♪
(初日よりちょっとだけ裾が短くなってるような気がしましたが)

(2日めのときに外周の通路の下を通って移動していた美和ちゃんが
ちらりと見えてしまったらしく、キューブが持ち上がる前に周囲から、
美和ちゃーーーーーん!!って悲鳴があがっていたのは、ちょっぴり残念でした涙。)

24.FUNKA MONSTER
25.LIES,LIES〜黒ドリVer.
26.THE ONE~黒ドリVer.

炎をまとったAKSが再び登場。
曲が盛り上がるのにしたがって、ステージ上には白い服を着た黒ドリダンサーズのみなさんが登場!
25.26.はステージいっぱいにダンサーの皆さんがおどりまくります。
マサさんも花道先端にでて大はりきり♪
かなりダンサブルな時間が過ぎ、26のサビで”♪ you're the one〜〜〜〜と
歌いながら、美和ちゃんがダンサーの皆さんの先頭に突如登場!

白いジャンプスーツ風の衣装にチェンジ♪

27.この恋はハードボイルド
28.make me your own

初日と同じく27の途中でMJのbeat itが織り込まれて、スペシャル感満載♪
激しく踊りながらの2曲はとっても新鮮で、
きりっとした美和ちゃんがみられて、嬉しかったです♪
28では曲に合わせて、服の全面についている電飾がついたり消えたり!
やっぱりちょっとシュールな感じはぬぐえませんでしたが、ダンスの激しさにただただ驚愕☆

29.太陽が見てる
30.JET!!!
31.決戦は金曜日
32.It's so delicious

このあたりは初日と同じ流れで。
赤と白を基調としたジャンパー風の衣装にチェンジ♪
30のときの真っ赤な帽子はステージ下のスタッフさんがタイミングよく投げていました。笑。
31.32はやはり31を歌って32にうつって、また31に戻る特別編成。

33.うれしい!たのしい!大好き!

本編一番の見せ場といってもいいくらいの美和ちゃんのスーパーフライングが炸裂!
1日めはステージから向かって右側の5列めだったんですが、もう
ほぼ真上を飛び回る美和ちゃんにもう大興奮!!
初日のときはどちらかというと飛ぶ方に精一杯だった印象の美和ちゃんでしたが、
きっちりしっかりと歌いながらも会場のすみずみにまで笑顔、笑顔で♪♪♪

♪きっと そうなんだ めぐりあえたんだ
のところではいったん花道のところで静止。
そこに出てきていたマサさんの斜め上あたりで美和ちゃんがとまって
まるでマサさんの手の上に美和ちゃんが乗っているような感じでそのままぐるっと一周 笑。

最後はステージ中央にもどって、くるりと前転♪
最高の笑顔で曲をしめくくってくれました☆

34.True, Baby, True

この曲で本編ラスト。
初日ではなんだか物足りなく思えた(ごめんなさい)この曲でしたが、
福岡では最後の ♪あけないよるが ないことを しあわせだと かんじるまで
のところから、もうしぼりだすように歌ってくれていて、
なんだか20thのときのライブを思い出すようでじーーーんときちゃいました。

いったん、会場が暗くなり巻き起こるウエーブ!!!
2日ともかなりウエーブを楽しみました♪

わりとはやくにアンコールへ。(ウエーブ楽しみ過ぎ? 笑)

肩が出た白いミニワンピの美和ちゃん♪
その隣にはシャツと短パンのマサさん♪

ここからは、初日と大きく構成が変わります。

”みんな、ほんとに今日はありがとう。
なんかね、すっごいすっごいすっごいすっごい、うれしいの。
みんなの顔が、見れてほんとに、よかった。ほんとうに、ありがとう。
ここで、こうやってライブがやれるっていうことが、あたりまえなんかじゃないんだよね。
ほんとに、みんなのおかげ。ありがとう。”

と深々と挨拶をした美和ちゃん。

”みんなに感謝の気持ちを届けたいんだけど、まだもう少し、歌ってもいいかなぁ。
うん。うん。(会場の声にうなづいて)
それじゃあ、みんなに届くように、歌うね。”

ゆっくりと会場に語りかけてくれた美和ちゃん。
静かな雰囲気のまま、ピアノの伴奏が流れ出して次の曲へ。

35.LOVE LOVE LOVE

会場のハーモニーに涙する美和ちゃん。
ほぼフルで歌ってくれて。

36.未来予想図Ⅱ

イントロが流れた瞬間どよめく会場。
ピアノの伴奏で曲は続きます。

初日では、36はやらなかった曲。
歌いだしから少し声を震わせながらも、ひとことひとこと噛み締めるように歌う美和ちゃん。

思えば4年前のDWLからまだ一度も歌ってなかった、この曲。
美和ちゃんの涙を見ながら、胸がぎゅーっとつぶれるような気持ちがして。
どんな想いで、この曲を歌ってくれているんだろう、
そう思うとなんだか勝手に涙があふれて。

正面を向いたまま、しっかりと1曲、私たちのところに届けてくれた美和ちゃんの顔は
歌い終わった瞬間に、どこかちょっとだけ遠くを見ていたような気がしました。

37.あの夏の花火

この曲もピアノメインで。
ほぼ1曲歌い終わったところで、美和ちゃんから
”それじゃ、今年も、一緒に、花火を見ようね。”って。

うち上がる花火に、嬉しそうな美和ちゃん。
マサさんも、バンドメンバーも手を休めて、しばし花火タイム♪

38.またね

最後は、この曲。
歌いながら、外周を1周してくれるマサさん美和ちゃん。
ゆっくりと会場のあちら、こちらを見てひとりひとりに届くように笑顔で。

初日はなんだかばたばたとアンコールも終わってしまったような印象でしたが、
アンコールだけでももう、胸がいっぱいになっちゃったりして。

最後、一列に並んで深々とお辞儀をしてくれたマサさん、美和ちゃん。
バンドメンバーのみなさん、ひとりひとりに大きな拍手が鳴り響く会場に、とっても
うれしそうな美和ちゃん。
ちっちゃな声で、”なんだかちょっとめずらしく つかれちゃったな、おいら”と
いってみたりもするくらい、最後の最後まで全力で歌を届けてくれて。

”よしだ みわーーーーーーーー!!!!!!”の声に、
もうなかなか顔をあげられなかった一日め。
しばらくしてからやっと顔を上げた美和ちゃんのほほには、やっぱりたくさんの
涙が光っていたけれど、
笑顔は涙よりももっと輝いて見えました。

     ☆      ☆      ☆       ☆       ☆       ☆

DWLが開幕して、2週間。


いつも、いつも、私たちに想いを届けようとしてくれる姿に、
そしてそれを支えていてくれるマサさんに、最大級の感謝を。

初日とはかなりライブの構成自体も変わってきていますが、
見ている人がわかりやすいように、しっかりと楽しんでもらえるように、と
思っていてくれているであろうチームドリのみなさんにも、感謝を。

これから、このライブがどんな風に成長していくのか、
そして終わったときにはどんなものを残していくのか、
本当に楽しみです♪

今回、全体的な流れと衣装について初日と比較して書いてみましたが、
これはこうじゃなかった?とかこんなこともあったよ、っていうことがあったら
どんどんコメントくださいね♪
(初日のレポはこちらです☆)

読んでくれたあなたとも、どこかであえますように♪

ながーーーい文を読んでいただいて、ありがとうございました!

| | コメント (10)

« 2011年7月28日 | トップページ | 2011年8月14日 »