« 2011年8月14日 | トップページ | 2011年9月28日 »

2011年8月29日

DWL2011@名古屋、行ってきましたぁ〜〜♪♪♪(ネタばれです☆)

暑い夏も、ちょっと過ぎたかな〜と思っていたこのごろ。

なんだか夏が終わっちゃうのが寂しかったりもしましたが、
やっぱりまだまだ暑かった!

さんさんと太陽が降り注ぐ名古屋に、行ってまいりました♪

DWLもいよいよ折り返し地点。
ドームでのライブはここ名古屋で終了です!

んでは、早速ライブレポ、どーぞ☆
詳しいセトリについては、DWL@福岡と同じでしたので
そちらを見てくださいね!

      ☆      ☆      ☆      ☆      ☆

ナゴヤドームを訪れるのは前回のDWL以来、4年ぶり!

今回は1日めの参戦でしたが、
一緒に行ったお友達が会場限定グッズをGETしたい!とのことで
2日めの朝もグッズ売り場に並びました。

10時からの販売開始に合わせて、9時45分くらいに開場に到着♪

すると、すでに100人くらいの長蛇の列が!!

暑いね〜なんていいながら前に並んでいた20歳代男子とたわいもない会話をしたりして
待つこと、15分。
時間ぴったりにグッズ販売が開始され、あっという間に私の順番!笑。
さっさとお目当てのものを買った後、日陰で涼んでいると、なんと!

販売開始20分ほどで、wing TシャツのSサイズが完売。
同じく1時間半ほどで 開場限定ストールが完売。
(福岡では、M&M Tシャツの完売が一番早かった記憶があるので、
これからグッズを買うつもりの方はTシャツ関係とwmmw関係は早めに並んだ方がいいかもです)

名古屋のグッズ売り場の店員さんは、ほかに類を見ない優秀さで、
あっという間にたくさん並んでいた人たちがはけていましたが、
なにぶんにもグッズ自体が少なめなようでかなり残念でした 涙。
(個人的な意見ですが、近年ツアーが終わってもグッズ販売が続いていたところを見ると
ここ何年かは在庫が多めになってしまっていたのではないかなぁ〜?と予測。
そのため、今回は生産数自体を押さえてあるのかもしれません。)

1日めライブ参戦当日は、久しぶりに会うお友達とわいわいいいながら
あっという間に時間は過ぎ、開演15分前にようやく席へ。笑。

チケットを見ながら席を探すこと数分。

かなりステージ向かって右端よりではあるものの、
なんと前から4列めではありませんか!
これは、今回のDWLをまた違った角度から見ることができそうだなぁ〜って
なんだかとってもうれしくて、ニヤリ。

わくわくしているうちにあっという間に開演時間を過ぎて、
開場が一気に暗くなったと思ったらライブのはじまりです♪

1.A theme of Wonderland

何回聴いても、この曲のはじまりを聴くだけで心拍数が急上昇。
真っ暗な中に花道とステージ中央が照らされて、ショーのはじまり。

ステージ中央の炎が集まったところには、どうやら下から飛び出すステージが
セットされているらしく、
最初誰もいなかったのに曲が盛り上がるに従って美和ちゃんマサさんの姿が♪
炎の隙間から見える、美和ちゃんマサさんの姿に早くもテンションがあがりまくります☆

曲が終わると同時に、ぱっと炎が分かれて
左に美和ちゃん、右にマサさんのいつものポジション。

歌いだす前に、もう涙が顔中にあふれてしまって、
なんども歌いだそうとするけれど、歌いだせない美和ちゃん。
マサさんにこっそり背中をぽんぽんされた後、大きく息をしっかりすって。

2.何度でも

♪何度でも 何度でも 何度でも 何度でも よぶよ
 私の 東海ワンダーベイビーズを 声が 枯れるまで

会場中に響き渡る美和ちゃんの声。
声を絞り出すように歌ってくれたその言葉は、いつも以上に胸に届いたようで。

ワンフレーズ歌った後、ふわっと空に舞い上がって花道先端へひとっとび!

”ドリームズカムトゥルー イン ワンダーランド 2011 東海〜〜〜!!!!!”

ライトに照らされて宙に浮かぶ美和ちゃんの後ろ姿を見ながら、
なんだかとっても夢を見ているような、不思議な気持ちになりました。

(歌っている美和ちゃんの後ろ姿を見ながら、
あぁ、マサさんはいつもこんな風に美和ちゃんの姿を見守っているんだなぁ〜
なんてしみじみ思ったりもして。)

3.朝がまたくる
4.その先へ

3、4はメインステージをいっぱいに使って言葉のひとつひとつを届けるように
歌う美和ちゃん。
4の最後では”跳べ〜〜〜〜〜〜〜!!!!!”って大きな笑顔とジャンプがはじけます♪

4が終わって、MC。

”あのさぁ〜〜〜、あっしの東海ワンダーベイビーズのみんな、元気だった??
こんにちは!Dreams Come Trueです!!”(深くおじぎする美和ちゃんマサさん)

”なんかさ、みんなの顔見たら、安心したっちゅうかなんちゅうか
何とも言えない感じになっちゃってさ、したらさ、涙がぶわ〜〜〜〜〜って
でちゃったの。(ちょっと照れたみたいに)
ほんとに、みんなの笑顔が見れて、うれしいの!ほんとに、ありがと!
今日さ、ここに38000人も来てくれてるんだよ?

なんかさ、ほんとにここでこうやってまたライブがやれて、ほんとにうれしいんだ。

んでさ、なんてったって、今日はワンダーランドだから、
ドリのライブを初めて見てくれるひともたくさんいると思うんだけど、
あのね、今日は、長いから!(笑)
だからね、みんな体調に合わせて、しっかりゆっくり楽しんでね!”

(マサさんの方を見る美和ちゃん)

”ん、して、マサさん、しゃべりたいの?いいよ?”
(とポジションチェンジして、美和ちゃんは後ろにおいてあるお水をごくごく)

”はい、みなさん、こんにちわーー!!ドリカムの男の方です!!笑。
いよいよ東海にやってきました、ドリームズカムトゥルー イン ワンダーランド!
楽しんでいただけてますかーー?
(とここでちょっと噛みそうになったマサさんに、会場から笑いが)
あれ?なんで僕がしゃべり始めたら、みなさん笑うんでしょうか?
まぁ、とにかく4年に一度のお祭りですから、楽しんでいってくださいねー!!”

(お水を飲み終えた美和ちゃん、登場)

”そんなわけで、お祭りっちゅうからには
あんな歌もこんな歌もたくさん歌うからね〜〜

みんなにたくさん楽しんでもらえるように・・・がんばりまっす!(照れ笑い)

んじゃさ、今日も男子も、女子も、どっちでもない人も(?)
楽しんでかえってね!

そんで、おいらが今日もめちゃくちゃしあわせにしちゃうからね!!!!!”

ということで次の曲スタート♪

(なんだか今回のDWL初日で久しぶりに聞いた”しあわせにしちゃうからね”が
ライブの回数を重ねるごとに、美和ちゃんの決意が増しているような気がしました。
しあわせにしたい、っていう決意の表れなのかな・・・)

5.大阪LOVER
6.Eyes to me

この2曲ではメインステージの向かって右側を移動しながら歌ってくれます。

5では♪ヤイヤイヤ のところで両手の人差し指をさしながら左右に大きく両手を振ったり
6では♪スマイル スマイル スマイル のところで人差し指を左右に振ったりして
美和ちゃんやAKSと一緒にふりつきで♪

私の座席からのベストポジションだったのは、この2曲。

まさに目の前で美和ちゃんが行ったり来たり♪
6が終わった後、曲の合間にちょっとしゃがんだ美和ちゃん。
胸元がセクシー!と思っていたらステージ右側にもお水のボトルがおいてあって
それを急いでごくごく☆
なんだか素の美和ちゃんをかいま見たようで、うれしかったです♪

7.晴れたらいいね

今度はステージ向かって左側へ移動して。

7が終わったところで、ブラスバンドのご紹介と入場。

いつも美和ちゃんがブラスバンドのチーム名などをご紹介するんですが
このときはなぜかマイクの調子が悪かったらしく、美和ちゃんはステージ後方へ。
急遽、チーム名を紹介することになったマサさんでしたが、
急なことなので書いてある紙を見ながら、たどたどしくご紹介。笑。
えーーーと、うーんと・・・などといいながらしどろもどろしていると、
美和ちゃんから、
”マサさん!かみおかちゅうがっこう!!”と訂正が入ったりして
なんだかマサさん災難だなぁ〜〜なんて思ったりして。笑。

美和ちゃんのマイクの調整まで間を持たせようと密かにがんばるマサさん。笑。

初日のブラバンのリハでは、
ステージに63人が立つだけでも1時間半かかったことを暴露していました。笑。

そうこうしている間に、美和ちゃんのマイクもなおりブラバンのみなさんもスタンバイOK!

”次の曲からは、会場のみんなもよかったら一緒に歌ったり、踊ったりしてね!”
と美和ちゃんの言葉で次の曲へ。

8.生きてゆくのです♡
9.Carnaval〜すべての戦う人たちへ〜

会場一体となって、踊る!踊る!笑。

10.Fall in love again
11.時間旅行
12.眼鏡越しの空
13.ねぇ

息をつく暇もなく、10からはゆっくりと聴かせる曲へ。

9のあと、マイクを通さない美和ちゃんのはーはーっていう息づかいが聞こえて、
ステージの後ろの方で肩で息をしている美和ちゃんを見て、
本当に大変なステージなんだ、って改めてしみじみ。

曲が始まったら、そんなことを全然気づかせないしゃんとした足取りで
ステージの中央へ向かった美和ちゃんを見て、なんだか私も背筋がのびたりして。

10~12はイヤモニの調子が悪かったのか、座席の場所によるものなのか、
なんとなくドームの反響が遅れて聴こえたりしてせっかくのバラード系が今ひとつ 涙。

そんななかでも13は、
言葉のもつ力、想いの強さを改めて届けてくれているようでしっかりと胸に届きました。

14.Ring! Ring! Ring!

自転車に乗ってステージを美和ちゃんが1周。
今回の運転手はkeitaくんでした♪

今まで外周を回る美和ちゃんに釘付けで見えていなかったんですけど、
花道にはAKS+AKS Jrも自転車に乗ってぐるぐる。笑。

向かって左側のスタンド近くに自転車を止めた美和ちゃん。
まだサブステージがもりあがってきていなかったんですが、
レッドキューブとグリーンキューブのご説明。笑。

”あのさぁ〜〜〜〜こっちのみんな、元気だったぁ??
あのね、これね、まだ全然もりあがってないんだけど、これからちょっとずつ
おおきくなってくるんだけど、レッドキューブっていうの。
そんでさ、あっちのマサさんたちがいるところのが(って向かって右側を指で指す美和ちゃん)
グリーンキューブっていうの。
あのさ、なんかさ、こっちのみんなに会いたかったから、来ちゃった!笑。”

15.Toridge & Lisbah

AKSと美和ちゃんの振り付けが楽しいこの曲♪
特に個人的には♪とりおじいさーーーん りすおばあさーーーーん のところが大好きです☆

15が終わるとマサさんが、近くのスタンドに向かってパフォーマンス。

”こっちのスタンドのみんな、こっちにも吉田美和に来てほしいよね?”
(うわーーっとわく向かって右スタンド、えーーーー!っていう向かって左スタンド)
”えーーどうしよっかなぁー”と美和ちゃん。
”みんな、吉田美和を呼ぼう!よしだみわーーー!!”とマサさん。
”んじゃ、ちょっとだけ行っちゃおうかなぁ〜”と美和ちゃん。

舞台が暗転してフライングの準備に入る美和ちゃんでしたが、
”ふふふ♪今さ、あっちに行くって言ったらこっちのスタンドのみんなが
一斉に手でばつ印だしてくれたんだよ〜〜”と思わずにこにこ。

16.サンキュ.
17.POISON CENTRAL
18. to the beat, not to the beat
19.a little waltz

16をグリーンキューブで、17,18をレッドキューブで、
19をまたグリーンキューブで歌う美和ちゃん。

曲間はピーターパンのように華麗に右から左へ、左から右へとフライング♪
16から18、19へ移動するときには黒いレースのアイマスクとバニーちゃんの耳が超セクシー♡

20.銀河への船
21.空を読む

会場が暗転して、みんなの振っているサイリウムが星のようでとてもきれい。

22.the signs of LOVE

会場後方のエンドステージから白いキューブが盛り上がって、
その上を美和ちゃんがいすに乗って5階席くらいのところまで上昇。
最後はフライングでメインステージへ。

曲が終わると同時にメインステージは暗転して、次の曲へと入るのですが
今回は席が前方だったのでフライング後の美和ちゃんも目撃!
スタッフさんに金具を外してもらった後、ドレスの裾をひるがえしてものすごい早さでダッシュ!笑。
今回は本当に曲間が短くて、ほとんど美和ちゃんも出ずっぱりなので
着替えたりするのが大変なんだろうなぁ〜って思ったりして。

23.Funka Monster
24.Lies, Lies
25.THE ONE
26.この恋はハードボイルド
27.make me your own

インスト→黒ドリ→ダンスをしながらのパフォーマンスへ、一気に流れ込みます。

26、27では電飾がついたジャンプスーツを着て、黒ドリダンサーズのみなさんと
激しく踊る美和ちゃん。
一説には、あのジャンプスーツにはLEDが1000個以上使われていて、
リモートコントロールで点滅させているそうです。
(ダンスがとても激しいので、毎回ライブ後はメンテナンスが大変みたいです 笑)
今回花道を横から見るような席だったので、このダンスも横から見たんですが
正面から見るのももちろんかっこいいけれど、
真剣な顔で踊っている美和ちゃんの横顔を見るのもまたうれしいなぁ〜と思ったり♪

28.太陽が見てる
29.JET!!!
30.決戦は金曜日
31.It's so delicious

28では手をひらひらさせながら、時々くるっと回る振り付けの美和ちゃん。
見ているだけでわくわくするようで、黒ドリダンサーズと一緒に踊っているときの
かっこよさとはまた別のかわいらしさが垣間見えて、実は一番好きなところだったりします♪
29~31はたたみこむように怒濤の曲攻め。

32.うれしい!たのしい!大好き!

今回も会場中を飛び回る美和ちゃん。
3Dフライングとはまさにこのことだなぁ〜っていうくらいあちこちに跳んでいって
笑顔を届けて。
(残念ながら、アリーナ前方には飛んできてくれなかったですけれど)

33.True, Baby, True

1〜33まで、ほとんどMCなく一気に駆け抜けた印象の今回のライブ。
本編終了からもほどなくアンコールが始まりました。

"みんな、今日はほんとにほんとにほんとにありがとう!
あのさ、ここにいる38000人のひとりひとりに、ほんとに大感謝。
本当にありがとう。
みんなに感謝の気持ちが届くように、歌います。”

34.LOVE LOVE LOVE
35.未来予想図Ⅱ
36.あの夏の花火
37.またね

34~36まではピアノバージョン。
36が終わった後、美和ちゃんの”それじゃ、みんなで、今年も花火、見ようね。”の
言葉でドーム内に大きな花火が。

打ち上げ場所からかなり座席が近かったので、
タイミング的にはあがるって分かっていたはずなのに、打ち上げ音にかなりびっくり!笑。
こころなしか花火も大きく見えました。笑。

37ではぐるっと会場を一周。
最後、花道まで行って美和ちゃんとマサさんが合流するのですが
曲が終わりに近づいて、美和ちゃんはほとんどステージ中央にいるのに、
マサさんはまだ外周3/4くらいしか歩けてなくて、
ステージ上にいるAKSやファジの面々が最後マサさんに手を大きくまわして走って!の合図。笑。

気づいたマサさんは今まで見せたことがないような猛ダッシュ!笑。

いきおいあまって、メインステージ中央で待っていた美和ちゃんを
置き去りにしてひとり花道先端まで走る、はしる!笑。
待っていたはずのマサさんに先に行かれた美和ちゃんは、一瞬きょとんとした顔をしたあと
負けないように猛ダッシュ!!!笑。
最後はほぼ同時に花道先端へ到着しました♪

最後のメンバー紹介から、なんだかあっという間にすぎ、
みんなで”よしだみわーーー!!”を叫んだ後もあっという間に退場しちゃった美和ちゃん。
(なんだかちょっぴりせわしなく思えましたが、気のせいかしら?)

マサさんはなんだか名残惜しそうで、
ステージから立ち去る最後に客席に向かって”うおーーーーーーっ!!!!!”と雄叫び!
”うわーーーーーー!楽しかった!!!!!
みんなには悪いけど、俺が一番楽しかったっ!!!!!またねーーーー!!!”

と言ってくれて、なぜか会場でマサさんの音頭で万歳三唱!笑。

なんだか今回のライブはマサさんがほんとに楽しそうでよかったなぁ〜〜と
終わってからも心がほっこりしちゃいました☆


DWLではほとんどMCのパートが少ないんですけれど、
名古屋1日めではいつにもましてMCが少なく感じたのであまりくわしく書くことが
できなかったような気がしますが、
ここはこうだったよ、とかこんなこともあったよ、っていうことがありましたら
どんどんコメントくださいね!

来週からは野外へと舞台を移すDWL。

またこのライブがどんな風に成長していくのか、楽しみに♪

読んでくれたあなたとも、いつかどこかで会えますように!

| | コメント (18)

« 2011年8月14日 | トップページ | 2011年9月28日 »